スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
寒冷蕁麻疹について、今日の「ザ!世界仰天ニュース」で放送がありました
入院中、外の冷たい空気に触れ、蕁麻疹ができたことがあります。
今日の「ザ!世界仰天ニュース」がアレルギー特集だったので見たところ、
寒冷蕁麻疹の事例がありました。

私の場合、退院が近づいてきたので体力づくりも兼ねて病院の周りを散歩していた時のことです。
3月の下旬だったのですが、風が冷たく
散歩から帰って病室に戻ると、体が痒く発疹ができている事に気がつきました。

数時間もするとひいていったので気にしなかったのですが、翌日も同じ症状がでました。
先生に話してみたところ、「寒冷蕁麻疹かもしれないね」とのことでした。
同室の方が散歩に付き合ってくださり、発疹が出てくるか試してみましたが、結果は同じ
先生からも「標本のようなきれいな蕁麻疹だね」と言われ、薬を処方してもらいました。
予想外のアレルギーに驚きましたが、こんなアレルギーもあるんだと認識できました。

今日の放送でアレルギーの種類の多さに驚くと共に、アレルギーの怖さを再認識しました 

自分の身を守るため、体質を知ることが本当に大切ですね 


にほんブログ村 健康ブログへ

スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

[2009/02/25 23:18] | アレルギー | トラックバック(0) | コメント(1) |
アトピーの人は目の合併症にも気をつけて
アトピーになると、体の中のどこか一か所が痒いという人は少ないと思います。
もちろん、赤くなっているところや発疹があるところが痒いと思います。
私の場合、全身やけどのようでしたから、何処が?と聞かれたら困りますが・・・
とにかく色々なところを掻いていました。

そんな中、先生も「目の病気(合併症)には気をつけること」とおっしゃっていました。
経験もありますが、目のまわりも痒かったのでずいぶん掻いていました。

寝ている時も無意識に色々な所を掻いて、滲出液のついた手で目を掻いて感染したり、
痒い時はたたきなさいと言われている場合などは、つい力が入ったままたたいたり・・・
知らない間に大切な目を傷つけてしまうことが多いようです 

網膜剥離白内障結膜炎角膜炎円錐角膜 (えんすいかくまく)
などもアトピー性皮膚炎の眼合併症として考えられるそうです。

ご注意ください。 早めに眼科に行きましょう 


にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ


テーマ:アトピー性皮膚炎 - ジャンル:心と身体

[2009/02/21 15:09] | アトピー | トラックバック(0) | コメント(0) |
免疫がさがり帯状疱疹になったことも・・・
アトピーが発症していた時、体温も少し上がり

※アトピーの人は少し体温が高くなるようです。
入院中、毎日体温をはかりますが、37度前後は常にありました。

痒みによる睡眠不足もかなり続いたころ、胸の下あたりに痛みが・・・
ブツブツは2個 次の日にも2個増えて、痛みもひどくなってきたので先生にみせたら
「また厄介なものをつくったね。そのままにしていたらアトピーがよくなるかもしれないけど、
危険だから」とおっしゃって薬を処方してくれました。

その発疹の正体は帯状疱疹でした
体の抵抗力が落ちたときにウイルス(水ぼうそうと同じウイルス(水痘・帯状疱疹ウイルス))が
再び出てくる病気
「一周すると死んでしまう」と聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

とにかく痛かったですね 

帯状疱疹ができるくらい弱っているんだなと思い、仕事を休ませていただきました。

アトピーが直接な原因ではないけれど、ストレスなどで免疫が低下していきます。

ストレスは恐ろしいです。すべての病気につながっていきます。
ストレスを溜めない様に、自分にあった発散方法を見つけることが大切ですね。


にほんブログ村 健康ブログへ




[2009/02/18 11:25] | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) |
オリーブオイルでクレンジング
顔にアトピーが出ていると、ついファンデーションなどで隠したくなります。
いくら塗っても目立つし、カサカサ部分はかえって目立ちますね 

この年になるとノーメイクというわけにはなかなかいかない
しかし、クレンジングが大変です

今まで使用していたクレンジングや洗顔料でも、症状が出ているときは痛くて使えません

そんなとき役に立つのが、外用のオリーブオイルです 

オリーブオイル2

私も退院する時先生に教えていただきました。

コットンやガーゼにオリーブオイルを浸みこませて優しく拭いていきます。
何度か繰り返すと、きれいに落ちます 

洗顔は私の場合少し水でぬらす程度で終わりでした。
先生からもそのように言われていたので・・・

汚れがたまってしまうと心配でしたが、意外と大丈夫でしたよ 


にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

テーマ:アトピー性皮膚炎 - ジャンル:心と身体

[2009/02/14 12:05] | アトピー | トラックバック(0) | コメント(2) |
感染症を防ぐために・・・亜鉛華デンプンやサトウザルベなど
掻きむって血がでるまでは、まだましかもしれません。
要注意なのは滲出液がでて、ジュクジュクになってきた時です。
ジュクジュク状態の時は細菌にとって、とても住みよい状態だとか

そんなとき処方されたのは亜鉛華デンプン
パウダータイプの散布剤で患部の浸出液を吸収し乾燥させる働きがあるようです。

しかし、つけるとしみるというか痛っかたです 
患部が広がると、感染症の危険がでてくるので抗生物質も追加されたり・・・・
繰り返しの次期も長かったですが、最終的にはあっという間に範囲が広がり
高熱が出て、入院でした 

また、ジュクジュク信号が出てきたら、サトウザルベという軟膏を単独で使用したり、
ワセリンとサトウザルベを混合してもらったものを処方されていました。
軟膏なので、亜鉛華デンプンより塗りやすく痛みもなかったように思います。

滲出液がではじめたら、感染症にならないように気をつけてくださいね。


にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ


テーマ:アトピー性皮膚炎 - ジャンル:心と身体

[2009/02/13 19:13] | アトピー | トラックバック(0) | コメント(0) |
アトピー時代の服の色と皮膚落下
日頃の私は黒い服が多いです。
薄い色の服はあまり似合わないこともありますが、同じようなものになりがちです。
アトピーで皮膚落下がひどい時は、フケがたくさん服についているようにみえます。
知らない人が見ると不潔な人に思われるので、とても嫌でした 

仕方がないので、色の薄い服を買って着ていましたが、
圧倒的に黒い服や色の濃い服が多い私は、常に肩のあたりに落ちているフケを払う行為を、
たびたびしていたことをも出だします。

この落下物の皮膚が、いたる所に落ちていて、
掃除しても掃除しても落ちているので悲しくなったものです 

たまに肩などを払っている人を見ると、その時を思い出します。


にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ


テーマ:アトピー性皮膚炎 - ジャンル:心と身体

[2009/02/11 21:26] | アトピー | トラックバック(0) | コメント(0) |
水が痛い! 家中浄水器を付けつける事になったきっかけ・・・
アトピーがひどかった頃、腫れて傷口がたくさんありました。
顔を洗ったり、シャワーを浴びたりと水を使う機会はたくさんあります。
その度に水が痛くて、痛くて・・・しみるんです 

原因は塩素だと思います。
蛇口から出てくる水には塩素が含まれています。
それは仕方がないこと。
せめて飲み水だけはと思い、いい水を色々な所に汲みに行きました。
また、アルカリイオン浄水器を以前からつけていましたので、アルカリ水を飲んだりしていました。

痛かった水も気にならなくなり、症状が落ち着いてきたころ、
知り合いの建築関係の方から「シックハウス症候群で家を建て替えたというお客様」の話
を伺いました。
シックハウス症候群の原因といわれることをクリアーしても
症状が完全には良くならなかったそうです。
調べてみたところ、水が原因だったそうです。
家は健康に配慮された家にかわっていますから、水にこだわったところ
症状も改善されたということでした。

私にも水のちょっとした実験をしてくれました。

1、紙コップ2つに水道水を入れる
2、片方の紙コップに私の指を入れ、水から出す
3、両方のコップに検査薬(リトマス試験紙)のようなものを数滴たらす
4、すると、指を入れなかった方の紙コップの水だけがヤマブキ色に変わる

塩素が入っていると黄色系に変わり、
色の濃度は塩素の量によって異なるそうです。

では、色が変わらなかった方(私の指を入れた水)の水はどうしてか?
それは、私の皮膚が吸収したからだそうです 

考えれば当たりまえなのですが、皮膚からも吸収する・・・ 恐ろしい 

それで、水道管の元から浄水器をつける事にしました。
飲み水はもちろん、お風呂もトイレも浄水です。

ちょっと過保護だったかもしれませんが、安心です 


にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

テーマ:アトピー性皮膚炎 - ジャンル:心と身体

[2009/02/10 22:41] | アトピー | トラックバック(0) | コメント(0) |
感謝の心を忘れずに・・・
いつも乗り降りしている駅のトイレでのことです。

そこのトイレはわりと新しくきれいです。
掃除の方がいつもきれいにしてくださっているお蔭もあります。
トイレでお掃除の方を見ると「いつもきれいにしてくれてありがとうございます」 
と思うのですが、口に出してなかなか言えません。

ところが今日、掃除の方に「ありがとうございます。失礼します」
と頭を下げられた方がいらっしゃいました。

びっくりしましたが、えらいなーと感心しました。

お金をもらって掃除しているのだから当たり前と思うかもしれませんが、
お蔭で気持ちよくトイレを使用させてもらっています。

私も今日の方のように感謝の気持ちを口に出して言えるようになりたいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

[2009/02/07 11:52] | 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(0) |
入院中にしていたこと、最後の仕上げには
2回入院しました。

初めての入院の時は、保湿が中心
一番保湿力があるワセリンを効率よく塗る為、
シャワーを浴びて濡れた状態でワセリンを刷り込むこと。

2回目は感染症で入院
熱が高かったこともあり、お風呂等は不可
その後も水禁止状態
水に触れなければ保湿もそのままでいいからです。
私には効果があったようです。

アトピーで入院している患者さんがやることは
自分の使っているシーツを毎日変えること。
掻きむしってついた血や滲出液、皮膚で汚れるからです。
自分の皮というか皮膚の一部がボロボロ落ちます。
シーツを変える時に落ちた皮膚が集まるのですが、ひどい時はすごい量です。
1日に一人の人間から落ちたものとは思えないくらいです。
だから痩せるんだと実感できます。

最終的には保湿剤をやめないといけません。
いつまでも使い続けると皮膚が勘違いして、ここまででいいのかと
保湿している状態までしか回復しなくなってしまうそうです。

最後の仕上げ(保湿剤をやめる事)はたいへんです。
とても痛かったです。
保湿がまだ十分ではないので、曲げたり伸ばしたり等の動作が辛い 
私は会社を早退したりして、家に帰ってワセリンを塗った記憶があります。

ひどい人はそのために入院する方もいらしゃるとか・・・・


にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

テーマ:アトピー性皮膚炎 - ジャンル:心と身体

[2009/02/06 19:16] | アトピー | トラックバック(0) | コメント(0) |
アトピーって安心した時に出やすいように思います。
アトピーの方であれば経験されたことがあるかもしれませんが、
カギを開けて家に入ったとたん、布団に入ったとたん、ふ~っと安心した時に
痒みに襲われることが多かったように思います。
私の主治医の先生も、安心した時に痒みが出ることが多いとおっしゃいます。

布団に入ると痒くってたまらない・・・
もちろん布団の中にるダニなどに反応している事も考えられます。
痒くて、痒くて眠れない。 
睡眠導入剤や睡眠薬にもお世話になりましたが、体の為にはよくない。

掻いても、掻いてもまた他のところが痒い!
こっちも、あっちも掻いてと呼びかけてくる。

掻きすぎてまるでヤスリで爪を磨いたようにピッカピカ 

冷やして神経をマヒさせて痒みをなくすのがよいようですが、
私の場合身体全体でしたから、範囲が広くてとてもとても無理
チャレンジしようとアイスノン(大きいので試してみました)や
ケーキを買った時についてくる保冷剤を利用してみました。

が、次から次へ違うところが痒くなりきりがありません。
そして、寒い 
家の冷蔵庫の冷凍室は保冷剤やアイスノン(4つ)で一杯です。

比較的でないのは、何かに夢中に取り組んでいる時、緊張している時のようでした 

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

テーマ:アトピー性皮膚炎 - ジャンル:心と身体

[2009/02/06 12:00] | アトピー | トラックバック(0) | コメント(0) |
命の危険がある時はアトピーはでない!?
入院していた時、主治医の先生から「アトピーは命の危険がある時はでない」と聞きました。
戦地の人、がんなどの命の危険がある病気をしている人等は
アトピーを発症していないという事らしいのです。
それは、人間の体が命を守ることを優先させるからだということでした。

命の危険は嫌ですが、この痒みも嫌です。

その時起こした私の行動はと言いますと・・・

ちょうどインフルエンザが流行っている冬。
アトピーで体温調節が良くできず、いつも寒い感じでした。
また少し風邪気味で体の調子も悪いころで
熱もあったのですが、お風呂に入りました。
案の定、熱があがりました。
先生がおっしゃったように痒みが治まるならと思ってやった浅はかな行動です。

しかし・・・・痒みはおさまりませんでした。

先生に話すと「それは残念だったね、でもこんな危ないことはもうしないでね」と言われました。
当然です!なんてバカなわたし・・・

先生自身、アトピーではないので、症状などやこういった結果には興味があるみたいです。
色々なことを熱心に聞いてくださいますし、元気をたくさんもらっています。
ありがたいです。


にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

テーマ:アトピー性皮膚炎 - ジャンル:心と身体

[2009/02/05 12:00] | アトピー | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
アトピーとアニメとアラフォー世代


アトピーがひどかった時の体験記。学んだ事や勇気づけらた事等など。同じ病気の方に役立てば嬉しいです。また、私が好きなアニメの話を中心としたアラフォー世代の独り言です。

プロフィール

めぐみ

Author:めぐみ
FC2ブログへようこそ!

ご訪問ありがとうございます

こちらからも訪問させていただきます。 足跡を残してくださると幸いです。

おきてがみ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

FC2カウンター

お知らせ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

フリーエリア2

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。